オーダーカーテン プリーツ

オーダーカーテンのプリーツ

オーダーカーテンの生地を選ぶ際は、
ヒダ(プリーツ)の現れ方も考慮します。
カーテンの滑らかで優美なドレープ感はプリーツがあるからこそです。

 

ヒダをどう取るかでカーテンが出す雰囲気も
大きく変わるので、カーテンをオーダーする時は、
プリーツの量も計算に入れた上で決定します。

 

オーダーカーテンで良く使われるのが、
2つ山のヒダのものと3つ山のヒダです。

 

通常カーテンを仕立てる場合は、
窓の幅に対し1.5倍から2倍の長さの布地を使用します。

 

ヒダの量が多ければ、それだけドレープラインも
綺麗に映るために、ラグジュアリー感がある感じになりますよ。

 

クラシカルなタイプは、ヒダの間隔が10〜12cmの
3つ山ヒダ(2倍〜2.5倍ヒダ)のカーテンがおすすめです。

 

客間やリビングのように、たくさん人が集合する部屋に
チョイスしたい優雅なカーテンに出来上がります。

 

2つ山ヒダ(1.5倍ヒダ)は、3つ山ヒダと比較して
リーズナブルな料金になり、オーダーカーテンの中でも、
料金を安くあげたい場合にチョイスするといいでしょう。

 

ヒダ間隔は15cmくらいになります。
ヒダのボリュームが少なく幅も大きいので、柄がよく見えます。
柄を良く見せたい場合はこちらのタイプが向いています。

 

オーダーカーテンの種類の中には、
生地に細かいギャサーをつけたギャザーヒダタイプも存在します。

 

レースやボイルといった生地が薄手のカーテンに
用いられることが多く、ボリューム感が演出できます。

 

可憐な雰囲気ににさせたい場合に
オススメのスタイルで、出窓のカーテンにもいいですね。

 

ヒダの感じによりカーテンの雰囲気がかなり変わります。
オーダーカーテンをチョイスする際にはヒダにも関心を寄せましょう。