オーダーカーテン 役割

オーダーカーテンの役割

オーダーカーテンにはたくさんの役割を持つカーテンが数多く存在します。
どんな役割があるのか解説していきましょう。

 

ドレープカーテンによく見かけられるのが遮光の機能です。
99.4%以上の日射しをカットするとカーテンの生地の説明に
表示されるもので、遮光率によって等級が分類されます。

 

人間の顔が判別できるけど、作業を行うとすると暗いレベルの3級、
顔の表情も判別できるレベルは2級、オーダーカーテンでもっと高い
遮光性を望むなら、遮光率99.99%以上の1級が存在します。

 

1級ともなれば人の顔もわからないほどの
水準になるので、寝室のカーテンにいいでしょう。

 

キッチンやダイニングには防炎の種類が安心できると思います。
消防法施工規則を順守した防炎性能試験をパスしたタイプです。

 

火事防止のためにオーダーカーテンで、
きちんとした防炎機能があるカーテンを選ぶといいでしょう。

 

それと、長くカーテンの美しさを保持したいと考えるなら、
ウォッシャブルタイプのカーテンがいいでしょう。

 

せっかく好みのオーダーカーテンをつけるのなら、
万が一汚れがついても洗濯が可能なものだといいですよね。

 

また静電気防止機能は、
静電気を防ぐことで埃を付きにくくしてくれます。

 

カーテンの色が褪せるのを防ぐ耐光機能で、
オーダーカーテンをいい状態のまま
キープできるような機能のカーテンも見られます。

 

防汚機能も衛生的にキープできる機能です。
カーテンを衛生的な側面に秀でている中から
チョイスしたい人からは、ウォッシャブルや防汚などの
役割があるものが高い人気です。

 

シックハウス症候群の対策では、ホルムアルデヒドを
吸着してくれる機能を持っている種類のタイプもあります。

 

オーダーカーテンはこのような役割のあるものに
ウェートを置いてチョイスしましょう。