オーダーカーテン タイプ

オーダーカーテンのタイプ

一口にオーダーカーテンといっても、
カーテンは様々なタイプがあります。

 

どのようなタイプのものがあり、
マイホームの窓にどれがフィットするのか、
販売店の従業員に助言をもらいつつセレクトしてみましょう。

 

普通、カーテンは、ドレープカーテンとレースカーテンが
一対になって使いますが、オーダーカーテンの中でも、
種類がバラエティーに富んでいるのがドレープカーテンです。

 

そのドレープカーテンにおいても、
一番飾り気のないスタイルになるのはセンタークロスでしょう。

 

窓のまん中で両開きにでき、カーテンのデザインによって、
ギャザーをつけることもできますし、裾にフリルをつけるのがメジャーです。

 

縦長の窓の場合はこのタイプはもってこいです。
同じような種類で、真ん中でカーテンを交差させるタイプの
クロスオーバーといったパターンもあります。

 

オーダーカーテンを使用してロマンチックな窓辺を
演出したいなら、バルーン状のカーテンがピッタリです。

 

コードを引いたら綺麗なドレープになり、花柄などの
きらびやかで上品なデザインであれば窓がとても際立ちますよ。

 

オーダーカーテンは出窓にも頻繁に使用されますが、
おしゃれな雰囲気を醸し出したいならスカラップはどうでしょうか。

 

すそが貝殻と似たゆるめのカーブになっていて、
贅沢なレースフリルが取り付けられているので、
洋間の出窓にピッタリなオーダーカーテンです。

 

大きめの窓に使うならセパレーツになったタイプが一押しです。
縦に少な目に分かれたたカーテンで、
窓のサイズにフィットするようにカーテンの幅や、
分割するカーテンの量などを決めることが可能です。

 

オーダーカーテンを注文するなら、
自分の好きなタイプをはっきりしておくと、
たくさんの中からでもチョイスしやすくなるでしょう。